コンセプト
RSS

2016/01/15

難波のデリヘルのチェックの仕方

難波のデリヘルのチェックの仕方

私は東京に住む30代の独身一人暮らしの身です。仕事柄様々な所へ出張が多く、月に一週間ぐらいはどこかの地域に出張して仕事をしています。人はそれを嫌がるかもしれませんが、私は沢山の地域に行ってそのご当地の特産品を食べたり文化に触れたりするのが好きなので全く区になりません。むしろ、好んでいます。そして、仕事をこなした後は一番の趣味のデリヘルを呼ぶのが日課です。女性も地域によって違うのでそれが一番のご馳走です。

今回の出張先は関西でも有名な難波です。個人的に大阪弁の女性が好きなのでこの度の出張は胸がときめいています。仕事が終わり、早速パソコンで難波のデリヘル店をチェックします。料金は都内とさほど変わりはないのかなといった印象です。とりあえず今日の所は人気のある嬢を呼ぶ事に決めました。ホームページでは顔にモザイクがあったので微妙でしたが、いざ部屋に来た嬢を見ると人気の理由がわかりました。可愛くて愛嬌がある男性が好みそうな女性でした。そしてコテコテの関西弁。これはたまらない。色白な肌にピンクの下着がまたそそる、彼女の柔らかい唇を味わいながら見事に膨らんだ乳房を優しく触り、ゆっくりと下の桃源郷へと触れたのをキッカケにその日の楽しい快楽の時間が始まりました。

一覧ページに戻る